社会保険労務士 年代別お仕事マニュアル

社会保険労務士は年代ごとに異なるスタンスで活躍できる

 社会保険労務士として仕事をしたいけれど、
 自分はまだ若いので相手にされないのではないか

 定年退職後は社会保険労務士の仕事で独立・開業したいが、
 60代からの営業活動なんてあり得るのだろうか

不安
 これから社会保険労務士試験に挑戦し、仕事に活かしていこうと考える方の中には、
たとえどんな年代であってもおそらくある種の悩みを抱えていらっしゃるといったケースがほとんどだと思います。

20代から30代の若手であれば経験や人脈、資金のなさ、40代や50代であればこれまでの社会人経験とのギャップ、さらに60代以降であればこれから開業することへの心配など、それぞれの不安を挙げていけばきりがありません。
社会保険労務士として仕事をするために、まずは試験合格というのが第一条件となるのですが、「合格後、果たして本当にこの資格が役に立つのか」「やっていけるのか」等、モヤモヤとした思いを抱えていては、おそらく全力で試験に臨むことは出来ないでしょう。
本サイトでは、これから社会保険労務士試験挑戦を目指す方の、独立開業に向け漠然とした不安をすっきり解消していただくべく、年代ごとに異なる開業スタンスをご紹介してまいります。
「私の年代の強みはこういったことなのか」
「仕事をしていく上では、こうしていけば良いのか」といった具体的なイメージを描くことで、試験合格後のぼんやりとした心配を和らげていただければと思います。

 さて、タイトルでも掲げた通り、社会保険労務士として仕事をしていく上で「年齢」は全く問題になりません。若すぎるから、ちょっと歳がいっているから、などの理由で試験挑戦や独立・開業の夢を諦めるのはナンセンス。
考え方ひとつで、その年代に相応しい活動の仕方があるのです。

 具体的な考え方については次ページから順にご紹介してまいりますが、それぞれの年代に共通する重要な新規開業社会保険労務士マインドは「自分らしいやり方でお客様のお役に立つこと」であると言えます。
社会保険労務士としての経験値や知識量においてすべて完璧に、というのは、新たにこの業界に足を踏み入れる方にとっては非常に高いハードルとなります。
ベテラン先生と比較されてしまったら、それこそ勝ち目はありませんね。

 しかしながら、これまでに自分が経験してきたことをフル活用してみると、どうでしょうか?パソコンの知識や営業職としてのノウハウ、サービス業で培ったホスピタリティ、
編集経験で養った文章力など、おそらく皆さん今までの社会人経験の中で何かしら、「これまではコレをやってきたから」と言えるものがあるでしょう。
そういったものを全く捨て去るのではなく、どのように社会保険労務士の仕事に活かしていけるのか、ココを考えることが重要だと思います。
もちろん、誇れるような経験がない方でも構いません。何色にも染まっていない柔軟な考え方、変なこだわりがないといった点においては、他に抜きん出るでしょう。
つまり、社会保険労務士の仕事に自分らしさ、得意分野をどう反映させていけるのかに注目するだけで、俄然、オリジナリティ溢れる“あなたにしか出来ない仕事”が実現するのです。

 ご自身の強みについては個々で考えていただくことにしてここから先は年代別で、ある程度共通した強みや弱み、年齢をいかに活かすかについて論じていくことにいたします。

社会保険労務士として歩み出したいアナタの背中を、少しでも前に押し出して差し上げることができれば幸いです!


次のページ>>20代で社会保険労務士を開業するのは?


>>未経験、予備知識ゼロから社労士になる最短コースとは?